こんにちは,ようこそ! 【ログイン】 【新規登録】

関連商品

人気キーワード

現在の位置: ホーム > 最新记事 > アバクロ---afinjapan

アバクロ---afinjapan

アバクロオンライン店舗 / 2011-01-26
[] [] []

   1892年にニューヨーク州でスポーツショップとして創業した。創業当初は、創業者であるデイビットアバクロンビーが高品質なキャンプ狩猟関連用品を商品として提供していた。1900年に顧客だったエズラ フィッチが経営に参加し、1904年からアバクロというブランドとなっている。

   元々は、男性向きの無骨な商品がメインであり、冒険好きで知られたアメリカ人作家のアーネスト ヘミングウェイもいつもここで洋服や釣り道具などを購入して、「あそこはマッチョが行く所だ」と、作家仲間に薦めているほどであった。ヘミングウェイの言葉通り当時は、85パーセントのお客さまが男性で、残りも男性客についてきた女性客であり、つまり女性が自主的に選択するタイプの店ではなかった。しかし、1988年にリミテッド(現リミテッド ブランズ)により買収され、1992年にマイケルジェフリーズをCEOに迎えてからは方針を一変させ、20代前半をターゲットにしたヴィンテージ風カジュアルブランドに変身した。
その後は、カジュアルながらも健康的なセクシーさがあるし、体にフィットするデザインで人気となった。このカジュアルファッションブランドへと変わったのが      1992年である。創業が1892年でもあるので、アバクロンビー&フィッチの服には「92」というロゴが多く入っている。2009年まで商品の価格は、値引きはしない方針を採ってきたが、2009年12月に異例の大幅値下げをした。でもそれにも関わらず、アメリカ当地での既存店売上高は前年同月比で19%減少した。不況下にあって競合ブランドのアメリカン?イーグル、エアロポステルなどは売り上げを伸ばして、米国内においては、ブランド戦略と差別化戦略の見直しが求められている。米国、カナダ以外では、大衆化、日常化によるブランド価値の低下は起こっておらず、好調を維持している。店内には、非常にきつい香水がふりまかれて、店舗の周囲数十メートル範囲まで匂うほどで、このため東京の銀座店が開店した当初周辺の料理店から顰蹙を買うことになった。そして、半裸でマッチョな男性店員が客を出迎えるという独特なサービスが行われている。

アバクロ | 会社概要 | お支払方法 | 最新记事
© 2005-2017 アバクロオンライン店舗 版権所有、そして、すべての権利を保留する。

44 検索、使用時 0.035904 秒、オンライン 11 人,Gzipハンディキャップ,使用メモリ 1.264 MB